サーバルームの室温監視システム                              製作:KNラボラトリーズ

| 購入方法 |  温度管理製品のページに戻る  |

 

 サーバ室内の温度を監視し、室温が異常に高いまたは低くなった時に、メールで知らせます。


コンピュータ室内のサーバーまたはパソコンに温度記録センサー(温度ロガー)を取り付けて、室温を自動計測させます。
空調不良等により、警戒温度に達した場合に、
すぐにEメールで、パソコンや携帯電話のメールアドレス(2件まで)
へ温度異常を自動通報します。 停電時でも、それ以降の温度履歴は残ります。

このThermoWatch liteは、
バージョンが古いソフトウエアです。

新規でお考えの場合は、
ThermoWatch Lite2をご検討ください

 

      ◆ 温度の計測をするサーバ室内に、次の仕様のデスクトップ型パソコンまたはサーバーを1台用意する。

     ※  OSが、Windows Server2012 または Windows Server2008
              もしくは Windows 8/8.1、または Windows 7であること。

                  Windows Server 2016 または Windows 10 をご利用の場合は、【ThermoWatch Lite2】をご検討ください。
     

     ※  常時インターネットに繋がっていること。   
     ※  USBポートの空きがあること。(USBハブはご利用できません)

             [注記] サーバーまたはパソコンのコンピュータ名に全角文字(2バイト文字)が含んでいるとご利用いただけません。
     

    ◆ メール受信者側で、携帯電話またはパソコンでEメールをいつでも受信できること。

     

   サーバ室内に設置する温度ロガー(温度記録センサー)として、「サーモクロンSLタイプ」を利用しますので、次の2つの機材が必要です。
   温度監視ソフト
ThermoWatch Liteは、無償でダウンロードして、ご利用いただけます。

      (1) サーモクロンSLタイプ 1個 
            [ 価格:\10,800(税別) ]
       ※標準納期: 注文確定後3営業日以内に発送

        サーバ室内にあるサーバやパソコンに
        取り付けて、温度ロガー(温度記録センサー)として利用します。

     

      (2) 専用USB接続ケーブル 1本 
                    [ 価格:\20,500(税別) ]  ※標準納期: 別途お問合せ下さい。

        DS94901402RP

      「サーモクロンSLタイプ」を
      「サーバ室内のサーバーまたはパソコン」に
       接続させるためのケーブルです。

      【注記】 「サーモクロンSLタイプ」の製品仕様は、別ページでご覧ください。 
            ただし、そこに記載の内容は、別のソフト「RhManager」の使用を前提にしているため、
            本システムの温度監視用ソフト
      ThermoWatch Liteとは、趣旨の異なる製品説明となっておりますのでご注意ください。 
            また、本システムでは、サーモクロンSLタイプの高分解モードと1分未満の計測間隔の設定ができません。



      導入検討の前に、温度監視ソフト「ThermoWatch Lite」を実際にインストールして、お客様の送信メールサーバの環境でも、
      メール送信ができるかを、上記機材を購入される前に、必ずお確かめください。 そのテスト送信の手順は以下のとおりです。

※ もし、セキュリティー上の関係で、
  ソフトがダウンロードできない、或いは、
  インストールできても、うまく動作しない場合は、
  お知らせください。
  ソフトをメール添付でお送りいたします。

      (1) 下記のいずれかのファイル(msi形式)を、ダウンロードする。(※管理者権限でインストールしてください。

                       ◆ 32ビット版OSにインストールする場合は、次の<<twl114_x86.msi>>をクリック。

                                 <<twl114_x86.msi>>・・・バージョン1.14

                       ◆ 64ビット版OSにインストールする場合は、次の<<twl114_x64.msi>>をクリック。

                                 <<twl114_x64.msi>>・・・バージョン1.14

 

                         

      (2)  上記でクリックして、[実行]を選択すると、セットアップ画面が表示されます。その画面の指示に従って進めて下さい。

            注記: ダウンロード時やインストール中に、下記のような注意喚起のメッセージが出る場合があります。

          【警告メッセージ例 1】  このプログラムは、PCに問題を起こす可能性があります。

                                          対応: 詳細オプションまたはその他のオプションをクリックすると
                              [実行]が表示されますので、その[実行]を選択してください。

          【警告メッセージ例 2】   この種類のファイルはコンピューターに問題を起こす可能性があります。

                                                  対応: [実行]を選択してください。

          【警告メッセージ例 3】   <セキュリティの警告>  このソフトウエアを実行しますか?

                                                  対応: [実行する]を選択してください。

          【警告メッセージ例 4】 ・・・.msiはダウンロードしたユーザー数が少ないため、PCに問題を起こす可能性があります。

                              対応: [実行]または[操作]を選択してください。

           

          【警告メッセージ例 5】   WindowsによってPCが保護されました
                           
          Windows SmartScreenは認識されないアプリの起動を停止しました。このアプリを実行すると、
                           PCに問題を起こす可能性があります。
                           
          詳細表示

                                          対応: メッセージ中の「詳細情報」をクリックし、[実行]を選択してください。

          【警告メッセージ例 6】  <ユーザーアカウント制御>
                           
          次のプログラムにこのコンピューターへのソフトウエアのインストールを許可しますか?

                                          対応: [はい]を選択してください。

          【警告メッセージ例 7】  <Windowsセキュリティ>
                           
          このデバイスソフトウエアをインストールしますか?

                                          対応: [インストール]を選択してください。

   

      (3) インストール完了後に、取扱説明書(PDF)が表示されますので、プリントアウトします。

        注記: OSが64bit版Windows Server 2003の場合は、
             Microsoft .NET Framework(Version 2.0 以上)もインストールする必要があります。
             [スタート] ボタンから [コントロール パネル] を選び、[プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。
             そして[Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックすると、
             [Windows コンポーネント ウィザード] が起動しますので、
             [コンポーネント] の一覧にあるMicrosoft .NET Frameworkにチェックを入れて、インストールしてください。
         

 

        (4) その取扱説明書の 2ページにある 【3.ThermoWatch Lite版のご利用にあたって】 の、
            『
    C) メール送信のテストのみをする場合』の項目から進めて、メールテスト送信を行います。 

     

      (5) テスト送信で、正常にメールが送れた場合は、本システム「ThermoWatch Lite」をご利用いただくことは可能です。

 

 

   ・ 使用するパソコンまたはサーバーは、インターネットに常時つながっている必要があります。
     
(常時接続の理由は、いつでもメール送信できる状態にしておくためだけです。特定URLに接続するなど、クラウドサービスのためではありません)

   ・ 温度監視中の間は、パソコンまたはサーバーを、常時起動させておく必要があります。
     (常時起動の理由は、ソフトウエアを終了させないためです。終了すると、異常があってもメール送信はされません。)

   ・ 温度監視中の間は、サーモクロンSLタイプとUSB接続ケーブルを、パソコンまたはサーバーに常時つなげておく必要があります。
   
  (常時接続させなければ、温度を計測するのみで、温度に異常があってもメール送信されません。)

 


|   よくあるご質問 FAQ |  購入方法 |  先頭のページに戻る |


 

 

 

 

 

FAQよくある質問

 

 

 




1. 「サーモクロンSLタイプ」と「専用USB接続ケーブル」の入手方法は?

  店頭での販売 や 特約販売代理店等を通じての販売は、いたしておりませんので、弊社(KNラボラトリーズ)に、直接ご注文下さい。

   購入方法については、こちらをご覧下さい。

 

 



2. 温度の異常を知らせるメールには、どのような内容が送信されますか?

 記録された警報温度を含め、メール送信直前に記録した直近の20回分の温度の値が、記録日時と一緒に送信されます。

 

TOP



3. 計測される温度は、コンピュータ内部の温度ですか?

  いいえ、温度ロガー(温度記録センサー)であるサーモクロンSLタイプの内部の温度です。
  したがいまして、「サーモクロンSLタイプ」を取り付けているパソコンまたはサーバーの周囲温度となります。

              

TOP



4. 詳細な温度履歴のデータを見ることができますか?

  メールでは、警戒温度が発生したときの短い温度記録の値(20回分)しか受信できません。
  詳細な温度データを確認するには、「サーモクロンSLタイプ」を設置しているパソコンまたはサーバーに行き、
  温度監視中となっているソフト「ThermoWatch Lite」をいったん終了させて、
  無償ソフトの別の温度解析ソフト「
RhManager」で、データを回収すれば、
  より長い期間の温度データが、温度推移グラフと一緒に見ることができます。

              

 

TOP


 

5. 停電になったら温度計測は停止しますか?

  停電となると、パソコンまたはサーバーの電源が切れるため、同時に温度監視用ソフト「ThermoWatch Lite」も終了します。
  そのため、その後に温度の異常が発生しても、異常を知らせるメールは送信されません。ただし、
  「サーモクロンSLタイプ」は電池が内蔵されているため、停電後も温度の計測は単独でし続けますので、
  無償ソフトの別の温度解析ソフト「
RhManager」で、蓄積されたデータを後で回収すれば、直近の5日間以上の温度記録が取り出せます。


    【参考】 停電復旧後に自動的に温度監視を再開させる方法
       コンピュータ(パソコンまたはサーバ)のBIOS設定※1で、停電復旧後にOSを自動的に再起動※2させる方法をご存知なら、
      コンピュータのOSが自動起動するのと同時に、温度監視ソフト「ThermoWatchLite」※3が自動的に再起動され、
      停電前と同じ温度監視条件(警告温度,温度測定間隔, メール送信先等)で、自動的に再開させることが可能です。

      ただし、停電中にもしも温度異常があったとしても、その停電時のその異常のことは、復旧後もメール送信されません。

        注記: ※1 BIOSの設定については、コンピュータの取扱説明書または販売元にご相談ください。
                 ※2 再起動時に、自動ログインとなるようにしておく必要があります。
                 ※3 温度監視ソフト「ThermoWatchLite」のバージョンは、1.01以降であることが必須です。

     

     

TOP



 

6. 「サーモクロンSLタイプ」の製品寿命は?

  常温でご使用の場合、
  計測間隔を1分で設定すると、購入後約1年、
  計測間隔を2分で設定すると、購入後約2年、

  計測間隔を3分以上で設定すると、購入後2年半程度ご利用いただけます。

  その交換時期が来た場合は、サーモクロンSLタイプのみ新しいものとお取替えください。

  ただし、「ThermoWatch Lite」は古いバージョンですので、
    新しいバージョンの「ThemoWatch Lite2」をご利用いただき、
    サーモクロンSLタイプの代わりに、サーモクロンGタイプをお求めいただくことをお勧めいたします。
    (※専用USB接続ケーブルは、交換することなく、そのまま引き続きご利用いただけます。)

  詳しくは、「ThemoWatch Lite2」のFAQをご覧ください。


 

TOP



 

7. 短い計測間隔を選択すると、「サーモクロンSLタイプ」の記憶容量がすぐにいっぱいになり、長期間の監視ができなくなりませんか?

  使用するソフト「ThermoWatch Lite」で設定すると、自動的に上書きモード(エンドレスモード)となりますので、
  「サーモクロンSLタイプ」の記憶容量に関係なく、長期間の監視が可能です。
  ただし、「サーモクロンSLタイプ」は製品寿命がありますので、永久に監視を続けることはできません。
  そのため、取り付けた「サーモクロンSLタイプ」の製品寿命が来た場合は、「サーモクロンSLタイプ」を新規交換してください。


TOP



 

 

8. 「サーモクロンSLタイプ」をどこに設置したらいいですか?

  温度監視中の間は、サーモクロンSLタイプとUSB接続ケーブルを、パソコンに常時つなげておく必要があります。
  そのため、計測できる温度は、設置したパソコンの周囲温度温度となります。

  ちなみに、サーモクロンSLタイプとコンピュータを結ぶ専用USB接続ケーブルの長さは、0.5m程度です

  したがいまして、設置したコンピュータが動かせないのであれば、必然的にその近くにしか置けません。

  【注記】 市販のUSB延長ケーブルを利用すれば、その延長した長さほどコンピュータから離れた箇所に設置は可能です。
        (USBハブを介してのご利用は不可)

  なお、サーバルームの室温は、天井側と床下側で温度が異なるように、決して一様ではありません。 
  ですので、設置したコンピュータの周囲温度が、そのサーバルームの中で、高い温度のほうであるか、
  低い温度のほうであるかを考慮して、警戒温度を設定してください。

 

 

 

TOP



 

9.  サーモクロンSLタイプを接続ケーブルから切り離して使用できますか?

  温度監視中の間は、温度ロガー(サーモクロンSLタイプ)とUSB接続ケーブルを、パソコンまたはサーバーに常時つなげておく必要があります。

         

 


TOP



 

10. 温度監視ソフト「ThermoWatch Lite」のライセンス料は?

  フリーソフトウエアですので、弊社ホームページから無料でダウンロードしてご利用ください。
  複数のPCにインストールしていただくことも可能です。
     また、更新料等も必要ありません。




TOP



 

11. 「サーモクロンSLタイプ」の代わりに、「サーモクロンGタイプ」を、この温度監視システムの温度ロガーとして利用できますか?

  ご利用いただけません。 ただし、「ThermoWatch Lite」の新ソフトである「ThermoWatch Lite2」を使用すれば、ご利用いただけます。。



 

 

TOP



 

12. 温度だけでなく、湿度も監視できませんか?

  この「ThermoWatch Lite」のシステムでは行えませんが、
  「ThermWatch Plus2」のシステムであれば、温度と湿度の監視が可能です。

 

 

 

TOP

 

 

 

13.  サーバー室の適正温度は?

  エアコンの適正な設定温度は、いまだ諸説あるため、適正温度として推奨できる温度はございませんが、
  2008年に米国の暖房冷凍空調学会ASHRAEで策定された次の指標を参考にされてはいかがでしょうか?

    コンピュータルームの推奨温度:18℃〜27℃  許容温度:15〜32℃

 

  ただし、そのサーバールームに、無停電電源装置(UPS)を置かれていた場合は、
  その搭載された鉛バッテリーの寿命が、
  その周囲温度に大きく影響されることも考慮が必要です。(一般的に、25℃以上では寿命が早まります)
 

 

 

 

 

 

TOP

 

 

 

14.  ソフトウェアの更新は、自動で行われますか?

  インターネットに常時繋がっていても、当ソフトウエアが特定のURLに接続して、自動アップデートすることはありません。
  常時接続の理由は、いつでもメール送信できるためだけです。
  ですので、ソソフトウエアのバージョンが古くて、更新したい場合は、手動でダウンロードして、インストールしなおしてください。

     ※お願い※
       当社ホームページに掲載の最新版よりも古いバージョンをお使いの場合は、
       できるだけ、最新版に更新してご利用てください。
       新機能の追加や新OSの対応ごとにバージョンが新しくなるだけでなく、
        ソフトウエア上の不具合を修正した場合にも、バージョンを新しくしています。

 

 

 

 

 

15.  監視中にログオフしても問題ないですか?

  当ソフトウエアは、常にログオンの状態でご使用ください。
  監視中にログオフすると、メール送信機能等が停止します。

 

 

|  購入方法 |  先頭のページに戻る |