前ページに戻る

 

ハイグロクロンは、一度の計測で、

最大4096の計測データが回収できます。(高分解能モードでは最大2048

 


  普通モードで「上書きモード無し」で条件設定した場合

   ハイグロクロンは、計測が開始されると、停止させるまで、計測し続けますが、
   「上書モード無し」を選択して計測させた場合は、
   メモリー容量(4096)がいっぱいになると、つまり、計測開始から4096データ目(4095インターバル目)を過ぎると、
   計測はし続けますが、それ以降の記録はメモリーに保存されません。
   (ただし、記録は保存されなくても、計測はし続けますので、早めに停止させるようにしてください。)

    例えば、下図のように、計測開始から10114インターバル経過後(10115データ目)に、データ回収をした場合、
    最初の1データ目から4096データ目までの記録が回収されます。
   この例の場合、4097データ目以降も計測し続けていますが、温湿度の記録はされていませんので、

   4097データ目から10115データ目までのデータは回収できません。
   なお、メモリー容量(4096)がいっぱいになったからといって、その後ご使用できないということはありません。
   新たな計測設定をし直せば、同じように最大4096のデータが記録できます。

 

 


  普通モードで「上書きモード有り」で条件設定した場合

   メモリー容量(4096)がいっぱいになっても、つまり、計測を開始してから4096データ目を過ぎても、温度を記録し続けます。
   ただし、「上書モード有り」を選択していた場合、
   メモリー容量(8092)がいっぱいになると、つまり、計測開始から4096データ目(4095インターバル目)を過ぎると、
   最初のデータから順次上書され消去されていきます。そのため、エンドレスで計測はできますが、
   回収されるデータは、回収した時点から遡って、最大で4096データの直近記録となります。

    例えば、下図のように計測開始してから10115データ目でデータ回収をした場合、
    その10115データ目から遡って4096データ分、つまり、この例では、
    6020データ目から10115データ目までの計8192データが回収できます。 
    なお、データ回収時に、計測を停止させなければ、
   引き続き新しいデータが記録され、また、新たな直近データを回収することが出来ます。

 

 


 ※  なお、上書きモードの有り無しに関係なく、開始から4096データ目(高分解能モードの場合2048データ目)になるよりも前、
   例えば、下図のように計測開始してから1922データ目で、データ回収をした場合、
   最初の1データ目から1922データ目までの計1922データだけの回収となります。
   このデータ回収時に停止操作をしなければ、引き続きそれ以上のデータが回収できます。

 

 

 

前ページに戻る