KN Laboratories

ボタン電池型温度ロガー用

防水キャップDS9720W

 

サーモクロン専用の防水保護用ゴムキャップ ◆

 

サーモクロンは、右の写真のように、隙間のような継目があります。
その継目は、塵や水が製品内部に侵入しづらい構造となっています。
しかし、完全防水構造とはなっていないため、水がかかる環境や多湿の環境では、
製品内部に水や湿気が入り込み、内部のIC回路や内蔵電池等が腐食して故障いたします。

 

そのため、防水対策をするためには、右上写真で示した隙間(溝)から、浸水させないように、防水性コーキング材(バスコークなど)や
耐水性のシリコーン系接着剤をヘラでその隙間(溝)に押し込んで目張りすることをお勧めいたします。
その目張りがしづらい場合や短期間の水濡れ対策として、
目張りの代わりに、簡易的防水対策として、この防水キャップを被せてご利用ください。
 
貴重な計測をされる場合は、万全を期して、上記のように目張りをした上で、さらに防水キャップを被せていただくことも可能です。

    材質: シリコーンゴム

     

    使用可能温度範囲: -40℃〜+100℃

        ※ この温度範囲は、材質が変質すること
          のない周囲温度(空気の温度)の範囲を示したものであり、
          決して、凍りついた液体や沸騰した液体の中での使用を保証
          するものではありません。

ご利用方法は、予め温度計測条件を専用ソフトで設定した後、右上写真の隙間のある面を隠すように防水キャップを被せるだけです。

             

 ご利用目的例

 

 

 

雨や雪のかかる場所で使用するとき

水中で使用するとき(長時間使用は不可)

蒸気がかかる環境で使用するとき

生鮮食料品等の輸送で水濡れがあるとき

多湿環境で使用するとき

 

ご注意: 右の写真では、水中で使用していますが、 
        長時間の水中使用や水圧の強い箇所で   
の使用には適していません。       
        通常は、水中ではなく、水のかかる場所で 
の防水対策用としてご利用ください。   

 

 

 

 

 

 ◆ ご注意点 ◆ 

    ・ 取り付け方に関して:   被せた防水キャップ内に空気が残らないように、しっかりと空気を押し出してからご利用ください。
                   空気がある程度残っていると、防水キャップが外れたり、浸水したりします。

    ・ 水中使用に関して:  長時間の水中での使用には、防水性能上あまり適していません。
                 短時間の使用の場合は、水深のある個所や水流のあるところでのご使用はお避けください。

                                                ※ 長時間使用や水圧の大きなところでのご利用は、この防水キャップではなく、
                                                  
    別売の専用ステンレスケースに入れてご使用ください。

    ・ 圧力に関して:  常圧と異なる加圧または減圧のかかる環境でのご使用はお避けください。
               圧力のかかる環境では、別売の専用ステンレスケースをご検討ください。

    ・ 耐久性に関して:  長年繰り返し使用すると、防水キャップのOリング部が磨耗してきますので、使用前は、
                Oリング部に劣化がないかをチェックの上、ご利用ください。

 

よくあるご質問FAQ

 

 価格及び納期

防水キャップDS9720Wの価格:

1個 700円 (税別)  

<<標準納期: ご注文確定後、3営業日以内に発送 >> 
 

  ※上記価格には、
      サーモクロンは含まれておりません。

 


 

  サーモクロンGタイプ のページに戻る

  サーモクロンSLタイプ のページに戻る

 


 

 よくあるご質問 FAQ

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  サーモクロンGタイプ のページに戻る

  サーモクロンSLタイプ のページに戻る